脳梗塞からの生還

後遺症と闘いながら再起不能状態から完全復帰を果たしたカイロプラクターの記録

脳梗塞 リハビリ病院への転院の準備

      2019/01/20

急性期の治療が一段落して、症状が安定してきたからでしょう。

主治医から『今後リハビリ病院へ転院して貰います。その方が機能の回復も絶対早いから』という様な話をいただきました。

そして午後、転院先の病院の手配や相談にのってくれるOさんという、これまたかわいらしい女性が病室まで来てくれました。
(ケアマネージャーさんと言うんですかね?)

リハビリ病院に転院する条件や方法、費用などについて紙に書きながら丁寧に説明してくれました。

なんせ、始めての体験です。
どうすれば良いのかなんて全然わかりません。

このとてもよくして下さる、虎ノ門病院の医師はじめスタッフが言ってくれる事を素直にやる事以外考えられませんでした。

なので、転院の手配もお任せする事にしました。

虎の門窓の外
これは病室から見た外の風景です。
夜には東京タワーがライトアップされて、非常に美しく和ませてくれました。

 

******************************************

脳梗塞の後遺症の軽減を目指す方
本当に仕事に復帰できてるか確かめてやろうという方

是非私を見に来て下さい。
今では後遺症があることも分からないと思います。
是非ご一緒にお話ししましょう!

******************************************

〒135-0033
東京都江東区深川2-5-8
壮快カイロプラクティック院長 松本斉
電話:0120-63-5374
メール:info@sokai-chiro.com

 - 2.虎の門病院