脳梗塞からの生還

後遺症と闘いながら再起不能状態から完全復帰を果たしたカイロプラクターの記録

『脳梗塞リハビリ・その後』

      2019/01/20

massa-ji

この記事を書いている2012年9月下旬現在、更に回復が進み、「このままでも生活に支障はないけれどあまり出来なかった動作」なども、段々出来るようになってきています。

例えば片足立ちなどもその一例です。

考えてみればまだ発症して一年余りですから、それを考えると結構早い回復だと思います。

同じ脳梗塞を患った皆さんも、私の場合と全く同じようになるかどうかは分かりませんが、懸命にリハビリを行えば、体は確実に回復してくるというのが、私の実感です。

聞くところによると、私たちは脳の持つ能力のほんのわずかしか使っていないそうです。

それであれば、壊死してしまった部分の機能を他の部分がカバーして、身体機能が回復するのも当然と言えば当然かもしれません。

ですから、諦めてしまう前に、頑張ってリハビリしてみましょうよ。
きっと希望が見えてきますよ。

これ、経験者の実感です。

今の私の生活は、血圧を管理するために、月に一回地元の内科医の診断を受けること以外に、
特に制限はありません。

もちろん塩分控えめな食生活は維持していますが、お酒も飲みたいときには普通に飲んでいます。
塩分やカロリーが高めの食事も、続けなければ時々程度なら大丈夫です。

振り返ってみると、再起不能と言われながら、こんなに早く社会復帰を果たし、現時点では若干の違和感は残るものの仕事も普通に出来るのは、大変ありがたいことです。

今まで自分の健康に無頓着だった自分に対して、天が気付かせてくれたのだと思っています。
そして、二度と繰り返したくないと思っている私は、確実に前よりも健康になって行くことでしょう。

今は仕事の合間を見つけて、坂本先生がマメに私の全身の調整をしてくれるので、更に回復が早まっているように感じています。

脳梗塞を発症してしまった皆さん、体中に筋肉の拘縮がおきてつらいと思いますが、筋肉を少しずつでも緩和して行くとかなり楽になってきます。

壮快カイロプラクティックでは、脳梗塞は施術対象にはしておりませんが、その後の体調の改善には貢献できると思います。

身体のバランスが整って、間接的に回復力が上がるであろうことは、私自身が実証済みです。

少しずつでも楽になって回復を早めることにトライしてみようと思われる方は、是非ご一報ください。

何がしかのお役には立てると思いますので。

一緒に希望を語り合いませんか?

 

******************************************

脳梗塞の後遺症の軽減を目指す方
本当に仕事に復帰できてるか確かめてやろうという方

是非私を見に来て下さい。
今では後遺症があることも分からないと思います。
是非ご一緒にお話ししましょう!

******************************************

〒135-0033
東京都江東区深川2-5-8
壮快カイロプラクティック院長 松本斉
電話:0120-63-5374
メール:info@sokai-chiro.com

 - 4.退院後の生活